効果的に使うにはのぼりの寿命を考えて

飲食店の場合は、店舗のテーマをしっかりと訴求できるかどうかが大事。

のぼりは宣伝広告効果も抜群ですし、見込み客にも店舗の印象を残せやすいのです。

色やデザインをしっかりと検討してデザインを決めましょう。

◇こんな風にコンセプトをしっかり決めてデザインを決めるといいのではないでしょうか。参考記事:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000015697.html

★のぼりは定期的に入れ替えることでイメージアップに繋がる。

のぼりは寿命があるのですが、目安としては半年での入れ替えです。

まだまだ使えると考えているかもしれませんが、間違いなく古くなってきています。

勿体ないなんて考えず、新品に交換しないと利益を生み出しません。

できるならば春夏秋冬と季節ごとに交換するといいでしょう。

前年のものを使うなど、もっての他。

店舗のイメージが安っぽく見えてしまいますから、そんなところにお客さまは入りたいとは感じません。

イメージダウンになりますから、古くなったものは使わないようにしてください。

必要経費として割りきって、定期的に新調するのがおすすめです。

★のぼりの配置も大事なポイントです。

配置のパターンとしては(1)直線に並べる方法(2)入口の両横に配置する方法(3)ランダムに配置する方法です。

一番視覚的にもインパクトがあるのは直線に並べる方法です。

進行方向から見た場合に、視認性が悪いと思っているかもしれませんね。

ですが一体感や統一感を感じるのです。

それぞれののぼりもしっかりと見える意外性もあります。

入口の両横に配置するのは店構えが小さくなってしまいます。

ランダムは統一感がありませんし乱雑に見えます。