プロフェッショナルにのぼりの制作を依頼したほうが良い理由

色とデザインは慎重に選んだほうがのぼりの宣伝広告効果は生きてきます。

ではどんな違いが出てくるのか、考えてみましょう。

★のぼりの色とデザインはプロの制作会社と相談しながら決めるのがおすすめ!

色によって人間の感情に訴えかけることができます。

自然の脳は色に反応するからです。

例えば、食欲が涌く色は「黄色」や「オレンジ」だと言われています。

参考にするために、飲食店が集まっている場所を歩いてみればわかります。

どういった色を使っているか、自分の目で見てみましょう。

食べ物を扱う店舗で「青色」ののぼりを使っているケースは少ないです。

寒さを訴求する色は食欲を抑えるからです。

保険会社や政治団体の看板やマークは清潔感のある青を使います。

青ののぼりは飲食店では少ない傾向にあります。

こんな風に色とかデザインは人間の潜在意識に強く影響があります。

★複数ののぼりを立てるとさらに効果的!

ひとつだけのぼりを立てたり、異なった種類ののぼりをたくさん並べたりするのはもったいないです。

同じのぼりを複数立てるほうが強い安定感を訴えます。

3種類ののぼりを2本ずつ立てるなど、一貫性を意識することが大事です。

もしも、異なったのぼりを立てる場合でも、色調は統一しておいたほうがでいいです。

安定感や清潔感を訴求できるからです。

さらに店舗のテーマカラーも一貫性があるほうがいいですね。

◎おすすめ記事・・・食べ物の色と食欲ってどう関係しているの? カラーセラピストに聞いてみた | マイナビニュース