目立つのぼりと入りたくなるのぼり

のぼりはそのお店の「やる気」「本気度」「意気込み」を伝えるのにとっても効果的ですね。

普通は、その店舗が開店しているときに掲げますから、のぼりを見るだけでオープンしているとわかります。

店舗の前の入口に行かなくても開店していることがわかります。

またのぼりで一押しのメニューを訴求することもできるのです。

★オリジナルなデザインののぼりのほうが目立ちます。

飲食店の大部分はのぼりを店先に掲げています。

だから、同じようなのぼりではインパクトが弱いです。

(あれっ、どこかで見たことがあるな)とお客さまが感じるとどうでしょうか?店舗の魅力は一挙に下がります。

★「目立てばよい」と言うわけではないのです。

「目立つのぼり」と「入りたくなるのぼり」は異なります。

入りたくなるのぼりを作るならば、プロフェッショナルのデザイン会社に相談するといいでしょう。

店舗がターゲットとしている顧客層・どういったテーマなのかコンセプトなど考えることがたくさんあります。

重要なポイントをのぼりに反映させるには他店との差別化が必要です。

だからこそ、オリジナルなデザインを選ぶことが大事です。

色とデザインも慎重に選びたいですし、複数ののぼりを立てるようにするとさらに訴求力は高まります。

一貫性を持たせることで自然な形で店舗の印象を宣伝することができるのです。